<< キューティー・ハニー | main | 夏のお悩み-コンビニ・クーラーReview >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
WORLD PEACE & PRAYER DAY
WPPD2004

北米先住民の指導者の一人、ホワイト・バッファロー・カーフ・パイプ19代目の守り人チーフ・アーボル・ルッキングホース氏の呼びかけにより、1996 年より、世界の 4 つの方角を巡りWorld Peace & Prayer Dayというイベントが6月21日夏至の日に行われているそうです。氏は先住民の声を世界に届け、平和を実現しようと世界各国で活動してる方です。このイベントが今年の6月21日に日本の富士山の麓にて開催されるという事で、友人の強い勧めにより参加してきました。

が、

当日は台風6号の直撃日!!!
とんでもない暴風雨の中、雨ガッパと傘を握り締めて必死に参加。
もう立ってるだけで精一杯。死ぬかと思いました。
このまま私が富士の樹海に消えてもマジで不思議じゃないぞ。('A`)
北米先住民や沖縄のクピック・エスキモー人、ケルト人、沖縄のウルマ、北のアイヌ人らによる伝統儀式とセレモニーに謹んで参加してみました。何しろ自然の猛威を肌に感じながら先住民と触れ合うんですから、これ以上ない好機と言えば好機。稀有な体験をしましたね。

世界平和と言って、皆それぞれ何を思って祈っていたのでしょうか。
祈った後に各々普段何をやっていくのかってとても重要だと思うんだけど、
その辺を語るとか場がなかったので謎のまま。
今は何と言っても、イラク主権移譲後に編成される多国籍軍への自衛隊参加についてかな。富士山に向かってあたしゃ憂えておりました。ま、続きは参院選決戦で。(急に現実モード)
| ■徒然日記■ | 21:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 21:42 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mtmt.jugem.cc/trackback/160
トラックバック